[本文はここから]

苦しみからの開放と見えてくる現実

日本では角膜移植の手術は、ドナー提供者の数が限られることを理由に長らく待たされます。患者さまにとっては、移植手術しか視力回復の道がないと診察された時から、長い絶望の日々が始まります。

IENは米国での角膜移植の手術をご紹介し、希望される方をサポートします。米国と日本の国の違い、文化の違い、医療システム、移植医療の考え方の違い、ドナーシステムの違い…。さまざまな違いを患者さまとともに歩み、体験を重ねます。

患者さまからお任せされたすべての工程が終了した時に、患者さまと共に見つめているもの。それは視力の回復とともに、日本の角膜移植の医療の現場のもどかしい現実です。

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.