[本文はここから]

角膜移植を受ける高校生や大学生のご両親さまへ

角膜移植の手術は年齢が若ければ若いほど回復が早いと言われています。また人生プランを考えた場合にも、進路を決めるための準備を進めるためにも、視力の回復は早いほうが有利です。

そんなことから、高校や大学の夏休みなどの長期休暇を利用して渡米されることをお奨めしています。
また、医療を通じての海外体験は人生のなかで活かされ、進路の選定や就職活動の場でも豊かな成果をもたらしています。

しかしながら、高校生や大学生というのは年齢的にも未熟で、精神的に子供の部分も多く持ち合わせています。海外で医療行為を受けるということに、突然心細くなり、どうしてよいかわからず、立ち往生をしてしまうこともあります。

心に傷を残さぬように、しっかりとしたサポートがまだまだ必要です。IENでは高校生や大学生の患者さまのサポートもお引き受けしますが、まだまだお父さまやお母さまなどご家族が側にいてくださることが必要であると感じております。

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.