[本文はここから]

角膜移植手術後のアフタケアー

痛みについて

痛みは人によりまちまちです。特に手術後の数日は痛みを全く感じない人もいれば、軽い痛みを覚える人もいますが、タイラノ-ル(一種の鎮痛剤。非アスピリン系)で痛みはとれます。

術後の注意

手術後、角膜の上皮は通常 1日~ 4 日間で治癒します。それまで眼帯を着用します。 眼帯が医師の指示で取れた場合にも、術後数ケ月の間は常に眼鏡をかけるか、または、就寝時にはメタルシールドをかけて眼を保護することが大切です。

手術後、翌日からは髭剃り、歯磨き、風呂、軽い家事、体を屈める、歩行、読書またはテレビを見ることができます。もちろん眼に影響を与えることはありません。1週間後からは、シャワーを浴びることも、洗髪、性交など、通常生活を送ることができます。しかし重たいものを持つ事はしばらくの間厳禁です。

術後の経過について

移植された角膜には、血液が供給されていないため、傷口の治癒には時間がかかります。縫い糸は3ヶ月~または1年ほどそのままにされます。たまに永久的に残されることもあります。一般的に、縫い糸は角膜の一部に埋没してしまいますから、それを原因にした痛みはありません。乱視防止のため、手術3週間後に縫い糸の張力(張り)を調整することがあります。縫い糸の張力調整と除去手術は簡単な手術で痛みはありません。 

視力は新しい角膜が定着するにつれて徐々に良くなり、数週間で日常の使用に耐え得る視力を回復します。しかし、完全回復は数ケ月、人によっては1年の時間を有することがあります。

拒絶反応について

新しい角膜に対する拒絶反応を予防するために手術後数ケ月間、眼にステロイド点滴を施します。たまに低剤量のステロイド点滴を無期限に継続することがありますが、ステロイドを経口服用するのと違って、身体のどの部分に対しても副作用は現在のところ知られておりません。他の眼薬を必要とすることもあります。 

不正常な症状が現れたら,たとえば赤目、光線に対する過敏、視力減退または疼痛などの症状があれば、直ちに病院にご連絡ください。光の点滅、浮動または周辺視力減退などの症状がある場合にも、必ず直ちにお知らせ下さい。
角膜移植は、手術後の療養が大変重要です。そして最も時間を有します。手術後の目の検査は、その翌日に1回、最初の2週間以内に数回、最初の1年以内に徐々に間隔を延ばしながら何回か、その後は毎年少なくとも1度は受けてください。

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.