[本文はここから]

全層角膜移植

角膜移植はそのはじまりからすでに100年の歴史を刻んでいます。その治療法は安定していて移植を受けた患者さんの90%を超える成功例が報告され、視力は確実に回復しています。

日本では角膜移植に大切なドナーと呼ばれる角膜の提供者が少ないこともあり、年間に2千件に満たない手術実績です。しかし移植医療の先進国であるアメリカでは年間5万件を超える移植手術が行われています。

角膜移植にはPKP(Penetrating_Keratoplasty)と呼ばれる全層角膜移植が一般的ですが、レーザーの登場によって角膜移植の領域に新しい時代が訪れています。それはこれまでの上皮、実質、内皮の全てを取り替える全層角膜移植に加えて、ALKと呼ばれる前部層状角膜移植、DALKと呼ばれる深層層状角膜移植、LTまたはKEPと呼ばれる上皮移植、DSAEKと呼ばれる内皮移植といった病気の部分だけ移植する「パーツ移植」法が開発され、患者さんの症状に細やかに対処し、拒絶反応などの術後のトラブルがなく、最短距離で視力を回復できる、そんな移植医療が実現しています。

全層角膜移植 PKPについて

全層角膜移植は、角膜を構成する上皮層、実質層、内皮層の全てを切除し、提供された角膜と置き換え、縫合する手術です。

全層角膜移植が必要な場合は、長期にわたった水泡性角膜症、全層性の角膜混濁、角膜内扉変性症、角膜実質炎、角膜瘢痕、円錐角膜、角膜ジストロフィ、内皮に及ぶほどの感染が見られる場合や、再移植などです。

全層角膜移植は長年行われているため、安全な手術であることが実証されています。デメリットとしては拒絶反応が起こることがあることや術後に乱視になってしまうことがあります。

全層角膜移植は、一般的には部分麻酔で行いますが、白内障などの手術を同時に行う場合や患者さんの希望によっては全身麻酔で行われます。

全層角膜の図をいれてください。
全層角膜移植の流れを説明する図をいれてください。

  1. 強膜リングを縫着します。
  2. 角膜を切除します。
  3. ドナー角膜を縫いつけます。

手術後は房水が漏れていないかどうかをチェックします。

レーザーを用いたジグザグ形状全層角膜移植

角膜を上皮層、実質層、内皮細胞まで全てを切除して角膜を移植する方法がPKP全層角膜移植です。最も基本的な方法であるPKP全層角膜移植は、この100年間着実に行われ、患者さんの視力を取り戻すことに尽力をしました。

イントラレースFSレーザーによって、ジグザグ型に切除された角膜は、双方に凹凸面をつくりぴったりと傷口を密閉することができ、パチッとはまるキャップのオスとメスのように角膜表面に段差を作ることなく、傷口を併せることができるようになりました。

 ・水泡性角膜症・全層性の角膜混濁・円錐角膜・再移植・角膜ジストロフィ

ジグザグ型に切開するPKP全層角膜移植は、角膜表面に段差を作りにくく、眼球からの房水の漏れなどのトラブルを防ぎ、切開による傷の回復時間も短く、縫合も簡単なため従来の角膜移植に比べて、手術時間が大幅に短縮され、拒絶反応の可能性も低くなり、術後に心配される乱視もその発生を抑えることができるようになりました。

 

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.