[本文はここから]

提供される角膜について(角膜片)

角膜はアイバンクから提供されます

角膜移植の手術を行う時に必要なのが角膜です。
角膜は、アイバンク(角膜銀行)から提供されます。 

予め死後に自分の角膜を必要とする人に贈呈すると遺言した人の死亡時にその角膜をアイバンクが注意深く伝染性のある病菌を持った角膜を取り除いた後、これを必要とする人のために貯蔵します。このようにして得た角膜は通常栄養液の中で数日の貯蔵に耐えられます。

現在アイバンクでは、自らの保持する健康な角膜組織の情報を全国規模で登録し、要望に応じて必要とする場所に無料で急送します。(ただし,角膜の貯蔵および輸送費用は実費請求されます。)すべてのアイバンクによる角膜の贈呈は、匿名で行われることが原則です。 

提供された角膜について

角膜移植のために提供された角膜は、性別、人種、眼鏡の必要可否など全く分かりません。しかし、これらは角膜移植の手術の成功,不成功には全く関係はありません。何故なら,移植されるのは眼球前面の透明な半球体だけだからです。

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.