[本文はここから]

水疱性角膜症と角膜移植

水疱性角膜症により、角膜の内皮細胞が混濁してしまうと元には戻りません。角膜移植のみが唯一光を取り戻す方法です。

全層角膜移植から角膜パーツ移植

以前までは、全層角膜移植という角膜全体を取りかえる移植が主流でしたが、水疱性角膜症の場合、内皮細胞だけを取りかえる角膜内皮移植 (角膜パーツ移植:DSEK) を行う事ができます。

全層角膜移植に比べて、術後の乱視、拒絶反応が少なく、安全性の高い手術です。さらにレーザー(フェムトセカンドレーザー)とコンピュータを使うことによりより正確に切断する事ができ、面をスムーズにする事ができるため、よりよい結果が期待できます。

アメリカでは、角膜の切断をレーザーで行うのが一般的です。

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.