[本文はここから]

従来の角膜移植

これまで100年もの間行われてきた角膜移植手術は、90%を超える成功が報告されるほどの安定した手術です。そして患者さんの視力を確実に回復へと導くことができました。 今、レーザー技術の目覚ましい発展が、新しい角膜移植手術を生み、話題を集めています。

トレパン

角膜移植手術は、ドナーから提供された角膜を、患者さんの角膜と交換して視力を回復させる手術です。組織を切開、切除、そして縫合をします。

従来の角膜移植手術の切開は、トレパンという器具によって切開されています。トレパンにもいくつかタイプがありますが、世界中で汎用されているのはバロン氏真空トレパンです。

Bの外側の部分とCの内側の部分の間にある、チューブは、注射筒とつながっています。操作によって生まれる陰圧によって、Aの部分が角膜に対して垂直に吸着する仕組みになっています。Aの内側には角膜を切開する歯が付いていますが、精巧に研磨されたカッティングエッジになっています。
また、Bの部分を回転させることによって、切開の深さを調節することができます。1回転で0.25㎜です。

トレパンによって切開された患者さんの角膜及びドナーから提供された移植片ともに、切り口は垂直のみのため移植後の角膜にねじれが生じ、乱視になってしまうケースが少なくありませんでした。

また、移植片を一致させるのは難しく、高度な技術が必要なため、どうしても縫合の糸を強くすることが求められ、結果的に術後の不正乱視の原因になっていました。

新しい時代のイントラレースFSレーザーを用いる角膜移植手術は、角膜を”ジグザグ”に切開することが可能です。そのため、これまでの角膜移植手術での危険や問題点であった角膜の切開と縫合についてしっかり解決し、術後の視力回復を短時間で確実なものへすることに成功しています。

縫合

縫合は人間の髪の毛よりも細いナイロンの糸と、先の曲がった切れ味の良い針で、ひとはりずつ針の先の曲線に逆らわずに縫っていきます。方向は回転するように、移植片の形に沿って丸く縫います。縫合の糸が強ければ乱視が出ることもあります。

従来の角膜移植手術は切開から縫合までおよそ60分から80分ほどの時間が必要でした。レーザーを用いる角膜移植は切開面に作った”ジグザグ”がキャップのオスとメスのように一致するため、縫合にしめる比率が軽くなりました。

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.