[本文はここから]

レーザー切開による角膜移植

これまで100年もの間行われてきた角膜移植手術は、90%を超える成功が報告されるほどの安定した手術です。そして、患者さんの視力を確実に回復に導くことができています。

そして今、レーザーによる医療技術の目覚しい発展が、角膜移植手術の領域にも新しい時代をもたらしてくれました。

新しい時代の角膜移植手術は、イントラレースFSレーザーというレーザー機器を用います。レーザーのコンピュータ制御によって、患者さんの角膜を3次元に切開します。またドナーから提供された角膜片も切開された患者さんの角膜片の切開面と同じように作ることができるため、結果的に、切開面をジグザクに双方ぴったりと密閉することができるようになりました。

“ジグザグ”角膜切開は、トレパンを使用して切開を行う従来の角膜移植にくらべて、角膜の切断方法に多様性を与え、手術の安全・安定という可能性を大きく拡げてくれただけではなく、術後の視力回復までの最短距離を実現してくれました。

レーザー切開による角膜移植のメリット

  1. 角膜表面がスムーズになり段差ができません。
  2. 提供さっる角膜と患者さんの切開がぴったりと合います。
  3. 接触面が広くなり、角膜の定着が早くなります。
  4. 密閉されるように角膜片が移植されるので、 移植後によく起こる房水(目の中の液)が漏れることがありません。
  5. 視力回が早く抜糸も早期に可能です。
  6. 乱視も軽減されます。

 

  • 小田切病院 (インターナショナル・アイ・ネットワーク) - 角膜移植・円錐角膜
  • 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-253 TEL:044-722-0121 /  FAX:044-722-0123
  • COPYRIGHT © Odagiri Hospital. All Rights Reserved.